パソコンを自作するメリットを感じないならBTOがおすすめ

パソコンを自作する、という言葉を耳にする人もいるかと思いますが、自作ってどこまでするの?と思う方も多くいると思います、自作すると得なの?と思うはずです。
パソコンを自作するメリットはずばり、自分好みのカスタマイズもありますが、なによりよりパソコンが自分のものになり、愛着がわきます。
え?それだけ?と思いますがいざというときに、知識が深まり、この部品はこういった機能であり、この機器とどういった接続をしている、ということを知ることはもし故障してしまったときでも不具合のある部品を見抜き、その部品の交換を自分で行えるということはスピーディーに修理などの処理対応が自分でできるというメリットは大変大きいです。
最近はBTOショップが普及し、たとえばゲーミングPCでも推奨PCなどが表示され、不足した機能などは、交換要請などができて、自分なりのカスタマイズが可能で、しかもある程度の保証までついてきます。
昔は自分でパーツを揃えたほうが安かった状況もありましたが、今ではBTOショップでPCを購入したほうがセット価格で安価でPCを入手できて自作のメリットはあまり少ないように見えます。選び方がわからない人にとってBTOのクリエイター向けパソコンはとても魅力的に見えるはずです。
しかし、自作する、ということはそれだけパソコンを組み立てるにあたり、色々と苦労も生じますが、それだけの達成感と、また自分で組み上げるさいの緊張感もあいまって愛着と、またそれぞれの部品の取り付けを実際に行うことでより部品のことを理解することが可能です。
部品を取り付けるということは、接続する端子などの理解もするので、後に部品を交換する際に、互換性のある端子も理解できます。
現状パソコンを自作するメリットは金銭的なものはあまりありませんが、より知識を深めることができるというメリットがわきます、またちょっとやそっとの故障くらいなら動じない対応力も備わってきます。パソコンが不調になった時にBTOショップのサポートに頼るのか、それとも自分で解決するのかを選択できる場合、簡単に解決できる方を選ぶでしょう。BTOショップにパソコンを預けたらお金がかかりますし、しばらくパソコンが家からなくなってしまいます。すぐに修理できるスキルを持ち合わせていたほうがいいはずです。パソコンを自作することでこのようなスキルを身に付けることができます。
また、パソコンのパーツを色々交換していくと、交換したパーツがあまったりするにつれて、余ったパーツでもう一台パソコンを組んでみようかな?なんていうことも可能になります。
これは友人や家族などであまりパソコンに詳しくない人の前で披露し、あまりパーツのパソコンを譲渡してあげると結構喜ばれることができますし、ちょっとした故障などを視てあげたりすると、女性には頼りがいがあると見られることもありますので、そういった知識と人的メリットがあります。
もし、ちょっと暇があって自作してみようかな?という方は自分のスキルアップのためにパソコンを自作してみると良いと思います。